メニュー

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返すかゆみのある湿疹のことです。もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られ、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。

日本皮膚科学会の定義によると

「増悪・寛解を繰り返す、痒みのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」「アトピー素因とは、(1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数の疾患)、または(2)IgE抗体を産生し易い素因」

と説明されています。

診断基準としては①掻痒(かゆみ)②湿疹病変と左右対称性③慢性・反復性経過(乳児では2カ月以上、その他では6カ月以上を慢性とする)を満たすものを症状の軽い、重いにかかわらずアトピー性皮膚炎と診断します。

2000~2002年に行われた厚生労働省による全国調査では有病率は4カ月児:12.8%、1歳6カ月児:9.8%、3歳児:13.2%、小学1年生:11.8%、小学6年生:10.6%、大学1年生:8.2%でした。乳幼児では発症後3∼5年以内に70~80%は軽快・治癒しますが、軽快しなかった場合は徐々に悪化することが多く、いったん軽快・治癒しても患者さんの30~50%は思春期以降に再発することがあります。

治療について

治療について、日本皮膚科学会のガイドラインでは炎症に対してはステロイド外用薬やタクロリムス軟膏(プロトピック)による外用療法、皮膚の機能異常に対しては保湿剤によるスキンケア、かゆみに対しては抗ヒスタミン・抗アレルギー薬内服の3つを基本としています。

日本アレルギー学会のガイドラインでは年齢や重症度に応じたステロイド外用薬の使い分けが示されており、重症度や年齢が低いほど、より弱いランクのステロイド外用薬を使うのが原則とされています。保湿はアトピー性皮膚炎の悪化を防ぐだけでなく、そもそも皮膚のバリア機能を高めておくことで経皮感作(皮膚についた物質からアレルギーを発症する)を防ぐなど、アトピー性皮膚炎ではない人にとっても大変重要です。内服薬はかゆいときに時々内服するのではなく、連続して内服する方がかゆみの抑制効果が高いことが分かっています。

アトピー性皮膚炎の治療は長期になることが多く、皮膚状態が良い時に治療し忘れたり、自己中断してしまうことが多々あります。そして、薬が効かないからと早い段階で強めの薬を求めてドクターショッピングされる方がいらっしゃるのも事実です。逆に、ステロイド治療は絶対にダメだというスタンスの方もいらっしゃいますが、乳幼児期にかゆみで十分に睡眠をとれない状況では成長ホルモンの分泌が不十分で全身的な成長発達に影響を与えてしまう可能性もあります。どんな治療薬でもそうですが、特にステロイド治療はメリット・デメリットを天秤にかけた上で見極めることが重要です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME