メニュー

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して、くしゃみ・鼻水・鼻づまりを起こす病気です。原因には花粉、ハウスダスト、カビ、動物の毛など多数あり、これらの抗原は息を吸うと鼻の中に入り、粘膜にある抗体と出会ってアレルギー反応を起こします。

ハウスダスト(ダニなど)による鼻炎患者さんは一年中鼻炎症状が続きますが(通年性アレルギー性鼻炎)、花粉症による鼻炎患者さんは花粉の季節に症状が出ることが多く(季節性アレルギー性鼻炎)、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)も持っている方も少なくないです。 現在、日本人の約25%が花粉症で、子どもの花粉症は年々増えており、5~9歳で13.7%、10~19歳で31.4%と大人の発症率とあまりかわりません(参考:鼻アレルギー診療ガイドライン)。

スギ花粉症は花粉が飛散する時期(1月下旬~4月)と風邪やインフルエンザが流行する時期とが重なるため判断が難しいです。ただ、熱はないのにくしゃみや鼻水が止まらない、目がかゆい場合は花粉症かもしれません。

子どもの花粉症はどう治療するのでしょうか?

花粉症の治療は基本的に大人も子どもも同じで飲み薬やステロイド点鼻薬などで対症療法的に治療します。根本的な治療としてはスギ花粉を薄めたエキスを定期的に内服・注射して体にスギ花粉に対して慣れてもらいアレルギー反応を抑えるというものがあります。効果が出てくるのは早くて1年後くらいで長期的な治療が必要です。

日常生活での対策としては

  1. 花粉情報をチェック(注意日:晴れ・最高気温が高い・前日が雨)
  2. 外出を控えめにする(午後1時~3時頃が飛散が多い)
  3. 帰宅時の対応(衣服の花粉は外で払う、うがい)

などがあります。

また、腸内環境を良くすると風邪になりにくいばかりでなく、アレルギー体質も改善するという報告が世界中で出ています。テレビや雑誌などでよく「プロバイオティクス」という言葉が紹介されますが、ヨーグルトなどの良質な乳酸菌を摂取していると風邪予防+アレルギー体質改善だけでなく、「セロトニン」という「幸せホルモン」が腸から出やすくなり性格まで良くなる?との報告まであります。

当院ではアレルギー検査として36項目(食物、植物、動物など)を一括で検査できますが、1項目ずつ検査することもできます。スギ・ヒノキ花粉の飛散状況について各地域から山口県医師会へ報告があり、当院へも情報が届きますので、受診された際は飛散状況をお知らせいたします。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME